YouTube投稿が大幅増---1分間に35時間分

自動車 テクノロジー ネット

YouTubeトップページ YouTubeトップページ
  • YouTubeトップページ YouTubeトップページ
  • YouTubeモバイル紹介ページ YouTubeモバイル紹介ページ
 YouTubeは12日、YouTubeへ投稿される動画が1分あたり35時間分となっていることを公表した。

 今年の3月時点では1分あたり24時間分の動画が投稿されていたが、2010年11月時点で、投稿される動画が1分あたり35時間分になったという。1時間あたりでは2,100時間分、1日あたりでは5万時間を超える量の動画がYouTubeに投稿されていることなる。

 この数字をハリウッド映画の本数に置き換えると、実に17万6000本分の映画が毎週YouTubeに掲載されているペースになるとのこと。なお、アメリカの3大ネットワークのテレビ局が、これまでの60年間の歴史で放送してきたすべての番組を合計しても、YouTubeに掲載される1か月分の動画に満たないとしている。

 同社は、この急激な成長の理由として、「動画の投稿時間の条件が10分から15分に増えたこと」「2GBもの大容量の動画が掲載できるようになったこと」「スマートフォン利用者の増加と、携帯電話の技術が進化したこと」を理由としてあげている。そのほかにも、より多くの会社がYouTubeのAPIを活用してYouTubeへ動画をアップロードできるツールやアプリケーションを提供するようになったことも、増加要因としている。なお同社は、今後は2倍の48時間、1分ごとに丸2日分の動画が掲載されることを目指すとしている。

YouTube、投稿される動画量が大幅増……1分間に35時間分

《冨岡晶@RBBTODAY》

編集部おすすめのニュース