星の王子さまPA---南仏家庭料理のビュフェが人気

自動車 ビジネス 国内マーケット
南仏家庭料理をビュッフェスタイルで終日提供「ル・プチ・プランス」
  • 南仏家庭料理をビュッフェスタイルで終日提供「ル・プチ・プランス」
  • シェフが目の前でふわふわオムライス作ります
  • 店で粉からこねて焼き上げたパンで作る「鶏とりんごのサンドイッチ」
  • ボリュームのあるパンパーニャも焼きたてパンで作る
  • これからの季節、濃厚でおいしいソフトクリームも
『星の王子さま』(サン・テグジュペリ)の世界観をパーキングエリア(=PA)に再現した関越道「寄居 星の王子さまPA」(埼玉県深谷市)。そのレストランに早くも行列ができている。

「オープニングでは本やバラの花のプレゼントもあり、お昼時には少しお待たせする感じになりました」(寄居 星の王子さまPA広報担当)

行列ができるレストランは、南仏家庭料理をビュッフェスタイルで提供する「ル・プチ・プランス」(Le Petit Prince)だ。PAと同じ「星の王子さま」の原題を店名にした。

メニューは終日(午前8時30分~午後9時)ビュッフェスタイル。朝食から夕食まで、いつきても満腹で、家族連れには都合がいい。

おろしニンニクなどで作るソースを付けて食べる「グラン・アイオリ」は、作者の大好物だったという。ほかにも野菜煮込みの「ラタトゥイユ」や「ニース風サラダ」のほか、地元産深谷ねぎを使ったタルトなどが、ビュッフェスタイルで並ぶ。

むろん、焼きたてのクロワッサン、パン、サンドイッチや豊富なデザートも用意されている。

総料理長の永田辰三氏は、仏レストラン「コンティシニ」や「ラ・トック」で修行し、過去にもフランスの料理学校ル・コルドン・ブルーの東京校で教鞭をとった経験もある本格派だ。

オムライス専門店「シャセー・レ・プル」のオムライス(780円)も、他のPAではお目にかかれない一品だ。テラス席やテイクアウト向けだが、注文すると目の前で溶き卵をフライパンにのせ、あっというまにふわふわ焼きたての半熟オムライスが登場する。

また、パン屋「シュブー・トゥ・ドレ」では、店内で粉からこねて焼き上げる。バゲット系のパンに挟んだ「鶏とりんごのサンドイッチ」(540円)や「パンパーニャ」(580円)は、晴れた日の屋外で食べるには最適だ。

ビュッフェは小学生以上1280円。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース