マスタング、サーキット1457周を無給油走行

自動車 ビジネス 海外マーケット
マスタング 1000ラップチャレンジ
  • マスタング 1000ラップチャレンジ
  • マスタング 1000ラップチャレンジ
  • マスタング 1000ラップチャレンジ
  • マスタング 1000ラップチャレンジ
  • マスタング 1000ラップチャレンジ
  • マスタング 1000ラップチャレンジ
フォードモーターは23日、米テネシー州のブリストルモータースピードウェイにおいて、「マスタング1000ラップチャレンジ」を実施。フォード『マスタング』がオーバルサーキットを1457周、無給油で走行し、平均燃費20.62km/リットルをマークした。

このイベントは、新V6エンジンを搭載する2011年モデルの燃費性能をアピールする目的で開催。マスタングは2011年モデルにおいて、V6、V8ともにエンジンを一新。新しい『マスタングV6』は、従来の4.0リットルを新開発3.7リットルに置き換えた。

完全新設計のエンジンは、ヘッドを従来のOHC12バルブに代えて、DOHC24バルブ化。さらに可変バルブタイミング機構の「Ti-VCT」を採用した。これにより、最大出力305ps、最大トルク38.7kgmを発生。旧4.0リットル(213ps、33.1kgm)よりも排気量は300cc少ないが、最大出力は92ps、最大トルクは5.6kgm向上している。

新開発6速MT&6速ATや、新電動パワーステアリング導入の効果もあって、燃費は最大25%改善。とくに6速AT車の米国EPA(環境保護局)高速燃費は、31マイル/ガロン(約13.2km/リットル)と、300psオーバー車で初の30マイル/ガロン超えを達成した。

フォードは、このマスタングV6を使用して、「マスタング1000ラップチャレンジ」を実施。NASCARが開催されるテネシー州のブリストルモータースピードウェイに、市販のマスタングV6を持ち込み、無給油で1000周走行にチャレンジした。

ブリストルモータースピードウェイは、1周約860mのオーバルコースだ。マスタング1000ラップチャレンジは、23日朝、スタート。招待された一般観衆が見守る中、5名のドライバーが交代でステアリングを握り、目標の1000周を大幅に上回る1457周を走行した時点で、満タンの燃料(60.6リットル)を使い果たした。

総走行距離1250kmを12時間26分かけて走破し、平均車速は70.65km/h。アベレージ燃費は20.62km/リットルと、EPA高速燃費の5割増し以上の優秀な結果を残した。

ちなみに、フォードは専用ウェブサイトを立ち上げ、マスタングV6が無給油で何周できるか、当てるクイズを実施。5万1000名以上がエントリーし、そのうちの22名が、ピタリと1457周を言い当てた。正解者の中から抽選で1名に、実車のマスタングV6がプレゼントされるとのことだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ヒュンダイ ソナタ 新型、エコランに挑戦…結果は28.18km/リットル 画像 ヒュンダイ ソナタ 新型、エコランに挑戦…結果は28.18km/リットル
  • 最も低燃費な車は スマート フォーツー…英NPO 画像 最も低燃費な車は スマート フォーツー…英NPO
  • 先代 インサイト、実燃費も過去25年で1位…米EPA 画像 先代 インサイト、実燃費も過去25年で1位…米EPA
  • 燃費マネージャー、e燃費プレミアム未対応仕様を対応仕様に変更へ 画像 燃費マネージャー、e燃費プレミアム未対応仕様を対応仕様に変更へ

特集