横浜ゴム、環境対応タイヤの新コンセプトを展開

自動車 ビジネス 企業動向
横浜ゴムは8日、新しいタイヤづくりのコンセプト『BluEarth(ブルーアース)』を立ち上げると発表した。「環境性能のさらなる向上+人、社会に優しい」をテーマとして、国内・海外で展開していく。

BluEarthは、同社の低燃費タイヤ「DNA」シリーズの「ころがり抵抗低減による燃費の向上」を基盤に、環境性能を一層向上するのに加え、ドライバーや同乗者、周辺生活環境に対する負荷低減性能の実現を図るためのもの。

具体的には、低燃費性能による燃費の向上、豊富なサイズをラインナップすることでユーザーの選択肢を拡げ、CO2削減に広く貢献する。また、静粛性や乗り心地、ウェットグリップ性能バランスを高次元で実現、低燃費性能のために犠牲になる部分を抑える。このほか、ユーザーだけでなく、周辺生活環境にも配慮するため、車外騒音(通過音)も低減する。

同社はBluEarthコンセプトを世界中で導入、「地球環境に良く、快適であり便利なタイヤとは何か?」を使う人の視点から考えたタイヤづくりを進める。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ブリヂストン ECOPIAに新商品、転がる・止まる低燃費タイヤ 画像 ブリヂストン ECOPIAに新商品、転がる・止まる低燃費タイヤ
  • アップガレージ、新品タイヤ販売で均一価格システム導入 画像 アップガレージ、新品タイヤ販売で均一価格システム導入
  • みんなのエコドライブ祭り、タイヤ空気圧の重要性をアピール 画像 みんなのエコドライブ祭り、タイヤ空気圧の重要性をアピール

特集