三菱電機、スマートグリッドの実証実験を開始

自動車 ビジネス 企業動向
スマートグリッド事業への取り組み
  • スマートグリッド事業への取り組み
三菱電機は17日、2010年度から2011年度の2年間で約70億円を投じてスマートグリッドの実証実験を実施すると発表した。同社の尼崎地区、和歌山地区、大船地区に実証設備を構築し、低炭素社会の実現に貢献する。

同社がこれまで培ってきた技術基盤を活用して実証設備を自社内に構築、スマートグリッド関連技術の早期確立を図り、スマートグリッド関連製品・システムの事業を強化する。

尼崎地区では、電力需給制御、配電制御、自動検針などのシステムを構築し、電力流通システム全体を実証する。導入する設備はメガソーラーシステム4MW、系統用蓄電池500kW、系統シミュレーター、系統安定化機器、電気自動車(EV)充電ステーションなど。

和歌山地区には太陽光発電システム200kWを設置するほか、尼崎地区と通信ネットワークで結び、広域監視を実証する。

さらに大船地区には実証ハウスを建築し、各住宅関連機器をネットワークで接続して最適なエネルギー管理を実証して成果を尼崎地区に展開する。

今年度中に、実証実験の設備を導入して関連システムを構築、一部実験を開始する。2011年度には本格的な実証実験を行い、スマートグリッド関連技術の早期確立を目指し、順次関連製品・システムの事業化を推進する。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース