ザガートのアルファレーサー、TZ3…超軽量なワンオフモデル

自動車 ニューモデル 新型車
TZ3コルサ
  • TZ3コルサ
  • TZ3コルサ
  • TZ3コルサ
  • TZ3コルサ
  • TZ3コルサ
  • TZ3コルサ
  • TZ3コルサ
  • TZ3コルサ
イタリアのカロッツエリア、ザガートは25日、ワンオフモデルのレーシングカー、アルファロメオ『TZ3コルサ』を、イタリア・コモ湖畔で開幕した「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラデステ」で正式発表した。

ザガートは1919年、イタリア・ミラノに設立。航空機の機体開発から得た軽量設計ノウハウを生かし、1929年にアルファロメオ『6C 1750 GS』、1932年にアルファロメオ『8C 2300』など、数多くの名車を送り出してきた名門だ。アストンマーチンやマセラティとのコラボレーションでも、その名を世界に知らしめた。

TZ3コルサは、アルファロメオとザガートの90年に渡る協力関係と、アルファロメオの創業100周年を記念して製作されるレーシングカー。車名のTZとは、アルファロメオとザガートが共同開発し、1963‐65年にかけて107台が生産されたアルファロメオ『ジュリアTZ』に由来している。

TZ3コルサのパワーユニットは、ドライサンプオイル潤滑システムを備える4.2リットルV型8気筒ガソリンエンジン。マセラティ用の4.2リットルV8がベースとなっており、参加するレースに合わせてスロットルなどの手動調整が可能だ。最大出力は420psを発生し、フロントミッドシップに搭載される。

ハンドメイドによるアルミ製ボディは、わずか850kgという軽量さ。420psのパワーは6速シーケンシャルトランスミッションを通じて後輪に伝えられ、TZ3コルサは0‐100km/h加速3.5秒、最高速300km/hオーバーという高性能ぶりを発揮する。

プッシュロッド方式のサスペンションは、オーリンズ製。タイヤはピレリ『P‐ZERO』のレーシングスリックで、サイズは前245/645R18、後ろ285/645R18だ。

2シーターのキャビンは、OMP製のWRC(世界ラリー選手権)タイプバケットシート、フルハーネス、カーボンファイバー製ステアリングホイールなど、レースに特化した空間となる。

TZ3コルサは、モノシェル構造のカーボンファイバー製チューブラーシャシーに、チューブラーフレームを組み合わせた、オリジナル軽量アルミ製ボディを採用。そのボディサイズは、全長4345×全幅1944×全高1200mm、ホイールベース2500mmだ。ロングノーズ&リアのハイデッキスタイルに、かつてのTZのイメージが反映されている。

アルファロメオが2006年、500台を限定発売した『8Cコンペティツィオーネ』(全長4397×全幅1892×全高1340mm、ホイールベース2646mm)との比較では、ザガートTZ3は52mm短く、52mmワイド、140mm低い。ホイールベースは146mmも短い。

今回、謎に包まれていたザガートTZ3コルサの注文者も判明。ドイツ人のMartin Kapp氏で、アルファロメオザガートのコレクターとして知られる人物だ。Martin Kapp氏は、世界に1台のTZ3コルサでレースに出走し、ザガートの栄光の再来を狙う。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ジネッタ G40…英国製軽量レーシングカー 画像 ジネッタ G40…英国製軽量レーシングカー
  • オーストラリアの超軽量レーシングカー、英国での販売決定 画像 オーストラリアの超軽量レーシングカー、英国での販売決定
  • [動画]BMW M3 にGTS…サーキット向け軽量マシン 画像 [動画]BMW M3 にGTS…サーキット向け軽量マシン

特集