【ジュネーブモーターショー10】フィアットの小型MPVにメタン仕様

自動車 ニューモデル モーターショー
フィアット ドブロ ナチュラルパワー
  • フィアット ドブロ ナチュラルパワー
  • フィアット ドブロ ナチュラルパワー
フィアットは、2日に開幕するジュネーブモーターショーにおいて、『ドブロ』の「ナチュラルパワー」を公開する。ガソリンとメタンの両方の燃料に対応したグレードだ。

初代ドブロは2001年に発表。広大な室内スペースが特徴の小型MPV&商用バンで、累計販売台数は約100万台というヒットを記録している。

2009年11月、8年ぶりにモデルチェンジを行い、2代目に進化。クラス最大級の室内空間にいっそうの磨きをかけた。プラットフォームは一新され、ホイールベースは2755mmとクラス最長を確保。3列シートに7名がゆとりを持って乗車できる空間を実現している。荷室容量も、7名乗車状態で790リットル(VDA計測法)と充分だ。

エンジンはガソリン1、ディーゼル3の合計4機種。最大出力はガソリンが95ps、ディーゼルが90ps、105ps、135psの3種類をそろえる。トランスミッションは、MTと2ペダルMT「デュアロジック」の2種類が用意される。

すべてのエンジンが、排出ガス性能はユーロ4またはユーロ5に適合。90ps仕様の1.3リットル直列4気筒ディーゼル「マルチジェット」は、欧州複合モード燃費20.83km/リットル、CO2排出量129g/kmというクラストップレベルの環境性能が売りだ。

新型ドブロは、欧州主要国で2010年1月から販売が開始されているが、フィアットは今回、ガソリンとメタンの両燃料に対応した「ナチュラルパワー」を追加した。

エンジンは1.4リットル直列4気筒スーパーチャージャー「Tジェット」で、最大出力120ps、最大トルク21kgmを発生。発進時にはガソリンを使用し、その後すぐ、自動的に燃料をメタンへ切り替える。それぞれの燃料の効率性を追求したシステムだが、ダッシュボードのスイッチによって、ガソリンのみを使用することも可能だ。

それぞれの燃料の満タン容量は、ガソリン22リットル、メタン95リットル。しかし、メタンは軽いため、95リットル分の重さは16.2kgだ。最大航続距離はガソリン300km、メタン325kmの合計625km。CO2排出量は134g/kmとなる。

フィアットは、欧州ではガソリンよりもメタン燃料の価格が安いことから、「ナチュラルパワーが、ランニングコストの削減に効果的」とアピールしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース