日本IBM、市場情報分析サービスを提供へ…クラウド活用

自動車 テクノロジー ネット
日本アイ・ビー・エムは16日、自動車に関する利用者コメントの情報収集や分析を行うサービス「自動車業界向け市場情報分析サービス」をクラウド環境を活用して6月30日から提供すると発表した。

自動車業界向け市場情報分析サービスは、米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)が英語で公開している自動車に関する利用者からの提供情報を、データとして活用する。米国の利用者からNHTSAに提供されているコメントその他の情報は1月時点で59万件を超えており、これらの膨大な生の情報を収集し分析することで顧客満足度向上や他社製品に対する競争力強化のヒントを得ることができる。

こうした分析を自社で行うためには、費用と手間をかけてシステムを構築する必要があった。今回開発した自動車業界向け市場情報分析サービスはIBMの幕張データセンターにあるクラウド・コンピューティング環境を活用、迅速・低価格でサービスを利用できる。

顧客はキーワードを自由に設定してNHTSAが公開するデータを検索でき、時系列分析や遍歴分析などを行って表やグラフを用いて分かりやすく表示できる。これらの分析結果を製品の企画や開発に活用してもらう。

自動車業界向け市場情報分析サービスは、1社あたり5ユーザーを基本として提供する。また、サービスの利用対象企業は、自動車業界全般で、自動車メーカー、部品サプライヤーなど、NHTSAから公開されている情報の活用を希望する企業となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • JAAオークション、台数大幅マイナスが続く…1月実績 画像 JAAオークション、台数大幅マイナスが続く…1月実績
  • USSグループ中古車オークション実績、10-12月期は回復基調 画像 USSグループ中古車オークション実績、10-12月期は回復基調
  • スーツケースが視覚障がい者を誘導…アルプスアルパインなど実証実験を開始[動画] 画像 スーツケースが視覚障がい者を誘導…アルプスアルパインなど実証実験を開始[動画]
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース