ランボルギーニ ムルシエラゴ、累計生産台数4000台を達成

自動車 ビジネス 企業動向
ムルシエラゴ 累計生産台数4000台達成
  • ムルシエラゴ 累計生産台数4000台達成
  • ムルシエラゴ LP670-4スーパーヴェローチェ
  • ムルシエラゴ LP670-4スーパーヴェローチェ
  • ムルシエラゴ LP670-4スーパーヴェローチェ
  • ムルシエラゴ LP670-4スーパーヴェローチェ
ランボルギーニは12日、『ムルシエラゴ』の累計生産台数が4000台に到達したと発表した。記念すべき4000台目は、中国の顧客に向けて出荷された。

ムルシエラゴは、V12エンジンを搭載するランボルギーニのフラッグシップ。最新モデルの『LP670-4スーパーヴェローチェ』は、100kg軽量化したボディにパワフルな6.5リットルV12エンジン(670ps)を搭載し、0 - 100km/h加速3.2秒、最高速342km/hという世界最高峰のパフォーマンスを実現する。

累計生産4000台目となったのは、このLP670-4スーパーヴェローチェ。中国・杭州の顧客がオーダーした1台で、カーボンファイバー製ボディはオレンジで塗装され、ブラックのバケットシートにもオレンジがアクセントに配された。

ムルシエラゴの先代モデル、『ディアブロ』は11年間で約2900台を生産したに過ぎないが、ムルシエラゴはデビュー9年目で累計生産4000台に到達。ランボルギーニのステファン・ヴィンケルマン社長兼CEOは、「我々の製品を支持してくれる顧客が存在する限り、情熱的なスーパーカーを作り続ける」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース