共和レザー第3四半期決算…自動車需要低迷で営業赤字

自動車 ビジネス 企業動向
共和レザーが発表した2009年4 - 12月(第3四半期累計)の連結決算は、営業損益が4億5200万円の赤字となった。前年同期並みの赤字となった。

売上高は自動車市場の需要減少や住宅市場の低迷の影響から、同22.3%減の200億2900万円と大幅減収だった。

収益は急激な自動車需要の減少の影響で経常損益が2億7000万円の赤字だった。前年同期は3億6100万円の赤字で、総力をあげて原価改善などに取り組んだ結果、赤字幅は縮小した。当期損益は2億4100万円の赤字だった。

通期業績見通しは、前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • トヨタ、通期予想を上方修正…リコールの影響織り込む 画像 トヨタ、通期予想を上方修正…リコールの影響織り込む
  • トヨタ、通期の緊急収益改善を1兆5900億円に引き上げ 画像 トヨタ、通期の緊急収益改善を1兆5900億円に引き上げ
  • 共和レザー、中国の合弁会社を子会社化 画像 共和レザー、中国の合弁会社を子会社化
  • 共和レザー、トヨタの宮林常務役員が社長に就任 画像 共和レザー、トヨタの宮林常務役員が社長に就任

特集

おすすめのニュース