【CES 10】オーディオ需要の根強い北米市場

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
オーディオ関連
  • オーディオ関連
  • オーディオ関連
  • オーディオ関連
  • オーディオ関連
  • オーディオ関連
  • オーディオ関連
  • オーディオ関連
  • オーディオ関連
CESと日本のカスタムカーショーとで大きく異なるのが、オーディオ関連パーツに対する各社の取り組み方だ。CESでは、特に大型のウーハーやボックス、大出力のパワーアンプの出展が多い。

ある日系カーAVメーカーの関係者は「日本ではヘッドユニットの代替需要はかなり減ってきたが、北米では依然として根強い需要があり、中小のカーオーディオ専門メーカーも数多く存在する。カスタム系ではパワーアンプや大型ウーハーなどの音圧重視のチューニングを好む傾向があり、日本のメーカーにとってもラインナップは欠かせない存在だ」と語る。

実際、CESの自動車関連が集まる北ホールは、日本では名の知られていないメーカーがさまざまなオーディオパーツを出展している。ヘッドユニットはパイオニアやケンウッド、クラリオンといった日系が圧倒的なシェアを得ているものの、アンプやスピーカーについてはまだまだ米国や中国などのメーカーも検討しているという。アメリカでのオーディオの根強い需要は今後も当面は続くものと考えられる。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

  • スポーツカーを豪華ヨットに載せてモナコへ 画像 スポーツカーを豪華ヨットに載せてモナコへ
  • 最近の軽自動車カスタム事情…クルマも服もいっしょ 画像 最近の軽自動車カスタム事情…クルマも服もいっしょ

特集