8人乗車の乗用車、逸脱し正面衝突

自動車 社会 社会
5日未明、神奈川県厚木市内の県道を走行中の乗用車が対向車線側へ逸脱。対向車線を順走していた軽トラックと正面衝突する事故が起きた。乗用車には8人が乗車しており、双方の運転者が重傷。乗用車の同乗者7人が軽傷を負っている。

神奈川県警・厚木署によると、事故が起きたのは5日の午前3時25分ごろ。厚木市飯山(N35.28.6.9/E139.18.52.6)付近の県道を走行していた乗用車が対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた軽トラックと正面衝突した。

双方の車両は中破。乗用車には17-18歳の男女8人が乗車しており、運転していた同市内に在住する17歳の少年が骨折などの重傷、同乗者7人が打撲などの軽傷を負った。軽トラックを運転していた同市内に在住する34歳の男性も重傷を負い、いずれも近くの病院に収容されている。

現場は片側1車線の急カーブ。事故を起こした乗用車はトヨタ『セルシオ』で、運転していた少年は無免許だった。事故当時は運転席に重傷を負った少年が乗車。助手席に2人、後部座席に4人、トランクに1人が同乗していたという。

警察では少年の回復を待って自動車運転過失傷害容疑で逮捕する方針だが、事故後の簡易聴取では「クルマは1万円で買った」、「遊びの延長上で運転していた」などと供述していたようだ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース