最近の軽トラ事情…スバルと赤帽の関係はどうなる!?

自動車 ビジネス 企業動向
赤帽とスバルの関係はどうなるのか
  • 赤帽とスバルの関係はどうなるのか
  • 赤帽とスバルの関係はどうなるのか
  • 赤帽とスバルの関係はどうなるのか
  • 赤帽とスバルの関係はどうなるのか
1975年、軽貨物自動車による軽運送業として誕生した赤帽は、これまで一貫してスバル『サンバー』を採用してきた。最初に導入された3代目モデルから、現在の6代目まで、4世代の“赤帽サンバー”が全国各地を走り回ってきたことになる。

赤帽は「17 - 18年ほど前をピークに台数は減ってきているが、それでも現在2万台弱の赤いサンバーが走っている。赤帽独自の改善点が40点ほど加えられたクルマで、耐久性や燃費性能の優れたものになっている。が、それでもだいたい7 - 8年で寿命がくる」と話す。

赤帽仕様のサンバーは「国土交通省の型式指定認可をうけた専用車輌」(同社)で、燃費性能、耐久性、信頼性、出力特性をさらに向上させた専用チューンエンジンがRRレイアウトで搭載されいる。

さらに、パッド摩耗警報付フロントベンチレーテッドディスクブレーキや電源用ハーネス、電波式リモコンドアロックなどの独自の仕様が盛り込まれ、収納式ハンドブレーキについては「運転手と助手席の間がフラットになるため仮眠時などに重宝する」(同)など細かい工夫も施されている。

そこへきて、2008年4月のスバルの「軽自動車撤退」のニュース。スバルと赤帽の関係はどうなるのか?

スバルは「今年9月から『ディアスワゴン』についてはすでにダイハツからOEM供給を受けたモデルとなっているが、サンバーについてはこれまでと同様のスバル製が現状継続される」と話し、赤帽との関係については「長い付き合いではあるが、現段階では何も言えない」としている。

いっぽう、赤帽も「車両の今後については未定だ」と、明言を避けた。

6代目の初期タイプはすでに赤帽の寿命といわれる7 - 8年を超えている。車両の更新時期が迫っているオーナーたちはどう受け止めているのか。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

  • タクシー運転手の食事情に変化が… 画像 タクシー運転手の食事情に変化が…
  • スバル ディアスワゴン 発売…ダイハツからOEM 画像 スバル ディアスワゴン 発売…ダイハツからOEM
  • ダイハツの箕浦社長、「スバルへのOEM供給はお金を使わずに進める」 画像 ダイハツの箕浦社長、「スバルへのOEM供給はお金を使わずに進める」

特集