特急型SLが走る、JR東日本で復元へ

自動車 ビジネス 企業動向
群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地に展示保存されている「C61 20」
  • 群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地に展示保存されている「C61 20」
JR東日本は8日、SLの「C61形」蒸気機関車を復元すると発表した。2011年春以降、高崎エリア(高崎 - 水上、高崎 - 横川)で運行する。

同社はC57形とD51形の2両の蒸気機関車を「SLばんえつ物語号」「SL奥利根号」「SL碓氷号」などとして運行し人気を集めている。より多くの鉄道ファンにSLの旅を体験してもらい、鉄道の産業遺産である蒸気機関車を後世に伝えることを目的に、新たにC61形蒸気機関車を復元する。

復元する蒸気機関車は、群馬県伊勢崎市の華蔵寺公園遊園地に展示保存されている「C61 20」で、現役時代は東北本線、常磐線、奥羽本線を中心に旅客列車として運用され、東北初の特急「はつかり」や寝台特急「はくつる」の仙台 - 青森間にも使用されていた。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース