日立製作所、通期業績見通しの収益を上方修正…自動車機器などで改善

自動車 ビジネス 企業動向

日立製作所
  • 日立製作所
  • 日立グループ
日立製作所は26日、2010年3月期の通期連結業績見通しの上方修正を発表した。

売上高は、緩やかな景気回復が続くものの、民間設備投資の回復の遅れが懸念されるため、8兆9000億円を見込んでいたが8兆7000億円に下方修正した。

営業利益は、全社的な固定費削減や資材費低減活動、デジタルメディア・民生機器部門、自動車機器事業での構造改革の進展、社会イノベーション事業におけるプロジェクト案件の収益性改善などから300億円から800億円に上方修正した。

経常損益も1700億円の赤字から900億円の赤字にほぼ半減する見込み。当期赤字は2600億円を見込んでいたが2200億円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集