【東京モーターショー09】ヤマハ、スマートな電動コミューターを出展

自動車 ニューモデル モーターショー
ヤマハ発動機は、10月24日から11月4日に開催される「第41回東京モーターショー2009」に「ザ・アート・オブ・エンジニアリング」をショーコンセプトとしたブースを出展する。

電動コミューター『EC-03』を世界初公開する。EC-03は“ライト・スマート・クリーン&サイレント”をコンセプトとする100%電気エネルギーで走る電動コミューター。薄型の電動パワーユニットとリチウムイオンバッテリーを軽量アルミフレームに搭載する。モーターの動力を独自の技術で制御し、滑らかでスムーズな発進・加速を行う。充電器を車両に内蔵したプラグイン方式で、家庭用コンセントから手軽に充電をすることができる。

また、参考出品する『EC-f』と『EC-fs』は、オートバイ経験や世代を問わず二輪の楽しさや親近感を抱いてもらうため、電動ならではのシンプルで、未来感のあるスタイリングを採用した電動コミューター。扱いやすく、静かで滑らかなので、気負うことなく走行が楽しめる。EC-fはパーソナル・コミューターのクリーンさを、EC-fsはそのスタイリッシュさをイメージしたカラーを採用している。

今回、同社のブースでは、より幅広い層にパーソナルビークルの可能性や楽しさ、素晴らしさを直感的に感じてもらえる内容を目指し、「A moment - 感動の一瞬」をテーマとする。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集