神戸製鋼所、通期業績見通しを上方修正…アルミ・銅関連が収益改善

自動車 ビジネス 企業動向
神戸製鋼所は、2010年3月期の通期連結決算業績見通しを上方修正した。

売上高は1兆6400億円と前回予想を据え置いた。

損益では、アルミ・銅関連事業で販売数量の回復が想定を上回るほか、各事業の総コストの削減も着実に進捗しているため、営業利益は50億円を予想していたが150億円となる見通し。経常赤字も前回予想よりも50億円改善して250億円となる見込み。

最終損益は450億円の赤字を予想していたが350億円の赤字となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集