欧州CO2排出量ランキング…フィアットが首位

自動車 ビジネス 企業動向

欧州CO2排出量ランキング…フィアットが首位
  • 欧州CO2排出量ランキング…フィアットが首位
  • 欧州CO2排出量ランキング…フィアットが首位
  • 欧州CO2排出量ランキング…フィアットが首位
  • 欧州CO2排出量ランキング…フィアットが首位
  • 欧州CO2排出量ランキング…フィアットが首位
  • 欧州CO2排出量ランキング…フィアットが首位
  • 欧州CO2排出量ランキング…フィアットが首位
  • 欧州CO2排出量ランキング…フィアットが首位
EFTA(欧州交通環境連盟)は15日、大手欧州自動車メーカー14社の2008年のCO2排出量ランキングを公表した。1台当たりの平均CO2排出量は、フィアットグループが138g/kmで首位。一方、2007年比の改善率ランキングでは、BMWが1位となった。

このランキングはEFTAが毎年発表しているもので、自動車メーカーの販売データをもとに、CO2排出量を計算。1台当たりの平均CO2排出量と前年比の改善率という、2つのランキングにまとめている。

1台当たりの平均CO2排出量ランキングは以下の通り。

1.フィアットグループ…138g/km
2.PSAプジョーシトロエン…139g/km
3.ルノー…143g/km
4.トヨタ…147g/km
5.ヒュンダイグループ…149g/km
6.フォードグループ…152g/km
7.GMグループ…153g/km
8.ホンダ…154g/km
8.BMWグループ…154g/km
9.スズキ…156g/km
10.マツダ…158g/km
11.VWグループ…159g/km
12.日産…161g/km
13.ダイムラー…175g/km

首位のフィアットグループは、昨年の2位からPSAプジョーシトロエンと入れ替わって1位を獲得。ランキングの傾向としては、小型車を中心にラインナップするメーカーが有利で、高級車主体のメーカー(例えば、メルセデスベンツのダイムラーなど)には不利な結果となっている。

一方、2007年比のCO2排出量改善率ランキングは以下の通り。

1.BMWグループ… -10.2%
2.マツダ… -8.2%
3.ヒュンダイグループ… -7.6%
4.フォードグループ… -6.7%
5.スズキ… -4.9%
6.日産…-4.0%
7.ダイムラー… -3.8%
8.VWグループ… -3.3%
9.ルノー… -3.2%
10.フィアットグループ… -2.9%
11.トヨタ… -2.4%
12.GMグループ… -2.3%
13.ホンダ… -2.2%
14.PSAプジョーシトロエン… -2.0%

BMWは昨年同様の1位で、改善率も唯一2桁台に乗せた。同社は「エフィシエントダイナミクス」をテーマに、運動性能と環境性能の両立を追求したモデルを投入しているが、その効果が表れたといえる。また、フィアットやPSAプジョーシトロエンといった、1台当たりの平均CO2排出量ランキングで上位のメーカーは、劇的な改善率向上が難しい現状が見て取れる。そんな中、マツダが昨年と同じく2位を維持したのは注目できる。

EU(欧州連合)は2008年、2015年までに1台当たりの平均CO2排出量を現行の150g/kmから130g/kmに引き下げる新規制を導入。1位のフィアットグループでさえ、現状ではこの新規制をクリアできておらず、今後、各社はいっそうの環境対応技術の開発促進を迫られることになる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集