ジャガー XF SUPERCHARGEDを発売…国内限定15台

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ジャガー『XF』シリーズでは初めてとなる、470psを発揮するスーパーチャージドエンジンを搭載した特別限定車「XF SUPERCHARGED」を導入し、9月24日から全国のジャガー正規販売店を通じて一斉に発売する。日本への導入は限定15台。

特別限定車は、最上級のラグジュアリーグレードである「XFポートフォリオ」に設定されるインテリアと、最もスポーティな「XFR」を上回る走行性能を併せ持つとしている。

具体的には、アクティブディファレンシャルコントロールとアダプティブダイナミクスに加え、ACC+AEBA(アダプティブクルーズ・コントロール+アドバンスド・エマージェンシー・ブレーキ・アシスト)を標準装備し、XFRよりマイルドに味付けされた470psを発揮するスーパーチャージドエンジンを搭載する。

また、エクステリアでは、20インチアロイホイールや「SUPERCHARGED」リアバッジのほか、XFRと同様の光沢を持つ4本のエグゾーストパイプをテールに装着する。インテリアにはSUPERCHARGEDのロゴが入ったインストルメントパネルを採用し、ラグジュアリー空間にプレミアム感を演出する。

ボディーカラーは、クラレット、アルティメットブラック、ポーセリンの3色を設定、インテリアカラーは、アイボリー・トリュフとチャコール・チャコール、ウッドパネルはアルミニウム・フィギュアドエボニーのみの設定となる。

価格は1050万円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集