新日石、北九州に水素ステーションをオープン

自動車 ビジネス 企業動向

新日本石油は、福岡県、岩谷産業、新日本製鐵と共同で取り組む、福岡県北九州市の「北九州水素ステーション」が福岡県北九州市八幡東区東田に9月18日にオープンしたと発表した。

福岡県と福岡水素エネルギー戦略会議は、環境にやさしい水素エネルギー社会を世界に先駆けて実現するため、昨年度から「福岡水素戦略(Hy-Lifeプロジェクト)」を展開している。今回、「福岡水素タウン」に続く社会実証事業第2弾として「水素ハイウェイ」が構築された。

水素ハイウェイは、福岡 - 北九州間に次世代環境自動車として期待される燃料電池自動車や水素エンジン車の実証走行を可能とするため、北九州水素ステーション、「九州大学水素ステーション」を整備したもの。

このうち、北九州水素ステーションは、隣接する新日本製鐵の八幡製鐵所から発生する副生水素をパイプラインで水素ステーションに供給し、高圧化して燃料電池自動車などに充填する日本初の取り組みとなる。ステーションの運営は新日本石油が担当する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集