トヨタ アイシス 一部改良…エコカー減税対応

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ アイシス 一部改良…エコカー減税対応
  • トヨタ アイシス 一部改良…エコカー減税対応
  • トヨタ アイシス 一部改良…エコカー減税対応
トヨタ自動車は、『アイシス』のエンジンを変更してエコカー減税に対応するなど、一部改良し、9月18日から販売を開始した。

今回の一部改良では、全車に環境性能の向上と高い動力性能を両立する新世代エンジン動弁機構「バルブマチック」を搭載したエンジンを新たに採用した。Super CVT-iと組み合わせることで、同排気量クラストップレベルとなる燃費性能を実現した。

具体的には、1.8リットル車で10・15モード走行燃費16.4km/リットル(2WD)・13.6km/リットル(4WD)を実現、2010年度燃費基準+25%、2.0リッター車は、10・15モード走行燃費15.2km/リットルで、2010年度燃費基準+15%を達成するとともに、全車で2005年基準排出ガス75%低減レベルの認定を取得した。環境対応車普及促進税制(エコカー減税)による減税措置に適合し、自動車取得税と自動車重量税が1.8リットル車で75%、2.0リットル車で50%減税される。

また、全車にスマートエントリー&スタートシステム、盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)、車速感応式オートドアロック、チルト&テレスコピックステアリングなどを標準装備し、利便性の向上も図った。

さらに、フロントグリル、フロントエンブレム、バックドアアウトサイドガーニッシュなどのデザインの変更に加え、「プラタナ」「プラタナ“Uセレクション”」のヘッドランプエクステンションにブラックメタリックを採用し、センターパネル、ドアトリムに高輝度シルバーメタリック加飾を施し、よりスタイリッシュで上質感のある内外装としている。

外板色には、新たにターコイズマイカメタリック、レッドマイカメタリックの2色を設定した。

同時に、特別仕様車「プラタナ“Limited”」、「L“G-Edition”」に、ベース車同様の改良を施し、プラタナ“Limited”は、内装色にダークグレー、外板色にブラックマイカを新たに採用した。

ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についてもベース車同様の改良を施している。

価格は 1.8リットル車のプラタナ、FFが218万3000円。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集