佐川急便、トラックに再生タイヤを導入

自動車 ビジネス 企業動向

佐川急便は、環境保全活動の一環として、集配で使用するトラックへ再生タイヤ(リトレッドタイヤ)を導入すると発表した。9月21日に関東圏内から導入を開始する。

再生タイヤは、摩耗したタイヤを選別・加工し新品同様に蘇らせたタイヤ。回収したタイヤを厳しい検査により選別し、加工可能なものについてはトレッド(接地部分)を機械で削り、その部分に新たなトレッドを張り合わせることで、新品並みの制動伝達能力を確保する。

同社では新品タイヤに比べ製造に必要な石油を約68%削減できる再生タイヤを導入することで、資源の有効利用による環境負荷低減に貢献していく。同社では関東圏の営業所にある2トントラックに再生タイヤを装着し、走行実験を行い、通常の新品タイヤと遜色なく使用できるとの結果を得た。

再生タイヤの本格導入では、走行実験と同様2tトラックの後輪に装着する。2010年3月21日からは、全国の2tトラック1万5000台に順次展開する予定だ。

同社は2008年度に2tトラックのタイヤ約1万1000本を新品タイヤに交換した。今年度も同数を交換すると仮定した場合、再生率約45%として年間約4950本が再生タイヤでの運用が可能としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集