【フランクフルトモーターショー09】プジョー RCZ のダブルバブル

自動車 ニューモデル モーターショー

【フランクフルトモーターショー09】プジョー RCZ のダブルバブル
  • 【フランクフルトモーターショー09】プジョー RCZ のダブルバブル
  • 【フランクフルトモーターショー09】プジョー RCZ のダブルバブル
  • 【フランクフルトモーターショー09】プジョー RCZ のダブルバブル
プジョーがフランクフルトモーターショーで発表した『RCZ』は、「ライフスタイルビークル」と銘打って、スタイリッシュなデザインで注目を集めている。

最大の特徴といっていいのは、ルーフからリアウィンドウにかけての「ダブルバブル」という造形だ。イメージとしては戦闘機のキャノピーを2つ接近させて並べた形を一体化させたようなものだ。ルーフ中央からリアウィンドの中ほどまでの中央部分がへこんでおり、その両側が曲面で盛り上がっている。なお、このルーフはアルミニウム製だ。

RCZは2010年春に市販される予定がある。そのときには3つのモデルが用意されるという。ひとつは新型ガソリンエンジンを搭載するモデル。排気量は1.6リットルで147kW(200bhp) BVM6搭載というホットモデルだ。ツインスクロールターボも搭載され、0-100km/hは7.6秒だという。新型エンジンは2010年夏に開発される予定となっている。

1.6リットルで115kW(156bhp)、BVM6またはBVA6が搭載されるモデルもある。こちらは、ターボチャージャーと直噴エンジンとなる。新型の6速シーケンシャルオートマチックトランスミッションは、やはり2010年夏に投入される予定となっている。

2.0リットルのディーゼルエンジンモデルも用意される。こちらは「HDi FAP」エンジン搭載、120kW(163bhp)、トランスミッションはBVM6となる。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集