メルセデスベンツ SLS AMG…その走り、頂点へ

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ SLS AMG…その走り、頂点へ
  • メルセデスベンツ SLS AMG…その走り、頂点へ
  • メルセデスベンツ SLS AMG…その走り、頂点へ
  • メルセデスベンツ SLS AMG…その走り、頂点へ
  • メルセデスベンツ SLS AMG…その走り、頂点へ
  • メルセデスベンツ SLS AMG…その走り、頂点へ
ダイムラーは10日、新型車メルセデスベンツ『SLS AMG』を発表した。動画共有サイトでは、そのPR映像が公開されている。

新型SLS AMGは、メルセデスベンツの名車中の名車、1954年発表の『300SL』を最新技術で甦らせた新フラッグシップスポーツ。メルセデスベンツの高性能車開発部門のAMGが、デザインからメカニズムまで、すべてを手がけた第1号車だ。既存のメルセデス車にないデザインは、ロングノーズ&ショートデッキの古典的スポーツカーフォルムが特徴。もちろん、300SLのハイライトでもあるガルウイングドアが採用されている。

心臓部は、『63AMG』シリーズの6208cc・V8をベースに、約120か所に渡る専用チューンを施したユニット。その内容は、ドライサンプオイル潤滑システム、強化クランクシャフトベアリング、鍛造ピストン、新設計インテークなど多岐に渡る。その結果、最大出力571ps/6800rpm、最大トルク66.3kgm/4750rpmを獲得。欧州複合モード燃費は7.57km/リットル、排出ガス性能はユーロ5やLEV2、ULEV基準を満たしており、スーパーカーとして一級の環境性能を備えている。

エンジンは低重心化のため、フロントアクスル後方の低い位置、フロントミッドシップにマウント。トランスミッションはリアアクスルに配置するトランスアクスルレイアウトだ。トランスミッションは、新開発のデュアルクラッチ7速2ペダルMT、「AMGスピードシフトDCT-7」。オールアルミスペースフレーム構造により、車重は1620kgに抑えられ、0 - 100km/h加速3.8秒、最高速317km/hという圧倒的なパフォーマンスを発揮する。

インテリアは、斬新かつ非常に高いクオリティを表現。航空機のコクピットがモチーフで、メーターやスイッチ、ベンチレーションは、円形で統一された。「Eセレクト」と呼ばれるシフトレバーは操縦桿を思わせる形状である。

アルミ製サスペンションは、前後ともダブルウィッシュボーン。ブレーキは前6ピストン、後ろ4ピストンのセラミックコンポジットブレーキとなり、タイヤはフロント265/35ZR19、リア295/30ZR20サイズが装着される。

トップオブメルセデス、そして、トップオブAMGに君臨する新型SLS AMG。その走行シーンを収めたPR映像は、動画共有サイトで見ることができる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集