プジョー、神戸西店を移転リニューアル…ブルーボックスを採用

自動車 ビジネス 国内マーケット

プジョー、神戸西店を移転リニューアル…ブルーボックスを採用
  • プジョー、神戸西店を移転リニューアル…ブルーボックスを採用
プジョー・シトロエン・ジャポンは、販売代理店のフェラン神戸が運営する「プジョー神戸西」を兵庫県神戸市垂水区名谷町入野に移転して9月17日から営業を開始すると発表した。プジョーのCIである「ブルーボックス」を採用した。

プジョー神戸西は、神戸淡路鳴門自動車道・垂水インターチェンジ、第二神明道路・名谷インターチェンジ近くに立地する。敷地面積は2400平方m、ショールーム面積が355平方mでデリバリースペースを含め新車5台、敷地内には認定中古車10台以上を展示、併設するサービス工場には5つのサービスベイを設ける西日本最大のブルーボックスとしている。

ショールームには、プジョーを代表するモデルや最新コンセプトカーのミニチュアカー、ロゴの変遷に至るまでのプジョーの歴史、世界観を表現したディスプレイツール「プジョーブランドキット」を日本で初めて展示する。

同社はプジョー姫路、東灘ショールーム、神戸中央サービスポイントを運営、兵庫県全域のプジョー車の販売・アフターサービスをカバーしている。

今回の拠点オープンにより、全国プジョー正規販売店網プジョーディーラーネットワーク全83拠点のうち、40店舗がブルーボックス拠点となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集