日産カーデザインの歴史展…名車6台も展示 10月3日から

自動車 社会 行政

日産カーデザインの歴史展…名車6台も展示 10月3日から
  • 日産カーデザインの歴史展…名車6台も展示 10月3日から
  • 日産カーデザインの歴史展…名車6台も展示 10月3日から
  • 日産カーデザインの歴史展…名車6台も展示 10月3日から
  • 日産カーデザインの歴史展…名車6台も展示 10月3日から
日産自動車は、10月3日から11月29日まで、平塚市美術館で開催される展覧会「カー・デザインの歴史 - NISSAN情熱と機能の美 -」に特別協力する。
 
展覧会は、日本のカー・デザインの歴史を日産の事例をもとに紹介するとともに、これからの自動車デザインの展望についても紹介する。こうした展覧会が公立美術館で開催されるのは、国内で初めて。
 
展示室内では、スケッチを描く技法の変遷、クレイモデルやスケールモデルを作るプロセスの変遷を当時のスケッチや写真、工具などの展示を通して、普段あまり触れること無い自動車のデザインについて詳しく解説する。また、中型セダン、スポーツセダン、スポーツカーなど、ジャンル別のデザインの変遷も『ブルーバード』、『フェアレディ』、『スカイライン』などの日産車の事例を通して紹介する。
 
会場内には『ダットサン113型』(1955年)や『サニーB10型』(1966年)、「スカイラインC10型」(1968年)や初代『フェアレディZ S30型』(1969年)など、日産のデザイン史上、重要な役割を果たした実車6台を展示する。さらに、自動車デザインの新しい可能性として、2005年と2007年の東京モーターショーに出展したコンセプトカー『PIVO』、『PIVO2』も展示する。
 
観覧料は一般800円、高大生が500円。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品