【フランクフルトモーターショー09】シトロエンのSUV、Cクロッサー…環境性能アップ

自動車 ニューモデル モーターショー

【フランクフルトモーターショー09】シトロエンのSUV、Cクロッサー…環境性能アップ
  • 【フランクフルトモーターショー09】シトロエンのSUV、Cクロッサー…環境性能アップ
  • 【フランクフルトモーターショー09】シトロエンのSUV、Cクロッサー…環境性能アップ
  • 【フランクフルトモーターショー09】シトロエンのSUV、Cクロッサー…環境性能アップ
  • 【フランクフルトモーターショー09】シトロエンのSUV、Cクロッサー…環境性能アップ
  • 【フランクフルトモーターショー09】シトロエンのSUV、Cクロッサー…環境性能アップ
  • 【フランクフルトモーターショー09】シトロエンのSUV、Cクロッサー…環境性能アップ
  • 【フランクフルトモーターショー09】シトロエンのSUV、Cクロッサー…環境性能アップ
  • 【フランクフルトモーターショー09】シトロエンのSUV、Cクロッサー…環境性能アップ
シトロエンは9日、『Cクロッサー』の2010年モデルを15日に開幕するフランクフルトモーターショーで公開すると発表した。新しいトランスミッションを採用して、環境性能を高めている。

2005年7月、三菱とPSAプジョー・シトロエンは、商品供給契約を締結。三菱は2007年9月から、SUVの『アウトランダー』をPSAにOEM供給しており、プジョーは『4007』、シトロエンはCクロッサーとして、欧州で販売中だ。生産は三菱自動車の愛知県名古屋製作所が担当している。

Cクロッサーの2010年モデルは、新トランスミッションの6速「DCS」(デュアルクラッチシステム)を、ディーゼルの「2.2HDi 16V」グレードに用意。DCSは三菱の「ツインクラッチ-SST」と同じ6速2ペダルMTで、パドルシフトが装備される。

DCSを得た2.2HDi 16Vグレードは、環境性能が向上。PSAとフォードが共同開発した2.2リットル直4ターボディーゼルは、最大出力156ps/4000rpm、最大トルク38.7kgm/2000rpmを発生しながら、欧州複合モード燃費は13.7km/リットル、CO2排出量は192g/km。5速MT仕様の14.3km/リットル、185gと大差ない環境性能をマークする。DPFS(ディーゼル・パーティキュレート・フィルター・システム)を搭載するなどして、排出ガス性能はユーロ5に適合させた。

2010年モデルでは、全車がインテリアを変更。ダッシュボードのデザインを見直すとともに、ダイヤルスイッチやベンチレーションには、クロームメッキがあしらわれる。最上級の「エクスクルーシブ」グレードには、Bluetooth(ブルートゥース)対応のハンズフリーシステムが標準装備。雨滴感知ワイパーは全車に標準化された。

新トランスミッション採用と、装備をグレードアップしたCクロッサー。シトロエン唯一の7シーターSUVとして、欧州の顧客に人気を博しそうだ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集