新日鉄など、道路橋基礎の斜杭構造にNSエコパイルを採用

自動車 ビジネス 企業動向

新日鉄エンジニアリング、新日本製鐵が開発を進めてきた「NSエコパイル(回転圧入鋼管杭)」が、道路橋基礎の斜杭構造に回転杭としては初めて採用された。

採用されたのは福岡県有明海沿岸道路の工事。環境に優しく、垂直方向の耐力が高いNSエコパイルと、水平方向の耐力が高い斜杭構造を組み合わせ、経済的な基礎形式が実現できたことにより、今後、道路橋基礎分野でのNSエコパイルの需要創出が期待されるとしている。

NSエコパイルは、鋼管の先端に螺旋状に加工した鋼板(羽根)を溶接した鋼管杭。施工は、羽根付き鋼管杭を全旋回機などで回転圧入することで、ねじと同じように、羽根の推進力により鋼管杭が地中に貫入する。低騒音・低振動・無排土を実現した環境に優しい工法で、先端の羽根により、大きな鉛直力支持力、引き抜き抵抗力が得られる。また、先端に孔が開いており、ここから杭の中に土砂を取り込むことで、効率よく地盤に貫入させることができるため、大径・長尺・斜杭になっても施工性を維持できる。

今後、両社は今回の受注実績をもとに道路橋基礎分野で回転杭による斜杭構造の適用を推進し、NSエコパイルの需要拡大を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集