新日石精製、高圧ガス認定自主保安検査に不備

自動車 ビジネス 企業動向

新日本石油精製は、麻里布製油所での高圧ガス認定自主保安検査の不備について、経済産業省原子力安全・保安院から厳重注意を受けたと発表した。

検査不備の内容は、機器の開放検査時期の超過3基、熱交換器の点検部位の誤りによる検査時期の超過4か所、安全弁の検査時期の超過4台。

同社では検査の不備を「厳粛に受け止め、高圧ガス認定制度の根幹である自主検査の重要性を改めて認識・確認して、再発防止に努める」としている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集