MonotaRO、自動車整備等に使用するバッグを低価格で販売

自動車 ビジネス 企業動向

MonotaRO、自動車整備等に使用するバッグを低価格で販売
  • MonotaRO、自動車整備等に使用するバッグを低価格で販売
  • MonotaRO、自動車整備等に使用するバッグを低価格で販売
  • MonotaRO、自動車整備等に使用するバッグを低価格で販売
MonotaRO(モノタロウ)は、プライベートブランドより工具用袋(バック)2種類、電工用バケツとツールバックを市場価格の5 - 7割程度で発売する。

電工用バケツは、工具を建設現場や工事現場などの必需品で、またツールバックは、自動車整備作業の工具入れとして利用されている。工具用袋(バック)2種類は、共に注文数の多い定番商品で、より安価な商品が求められていた。

この電工用バケツ「バケッ太郎」は、工具や材料の持ち運びなどに便利で手軽な自立式の工具袋。ワイヤー鋼鉄線の入った丈夫なポリエステル素材で、耐荷重は約8kg、取手の部分は丸く加工してあるため、工具を入れて重くなっても握りやすい作りとなっている。

また、ゴミ袋を入れて現場での簡易ゴミ箱としての利用も可能。使用しない時はコンパクトに小さくたたむことが可能で、使う時はクリップを外すだけの簡単操作となる。市場価格の7割程度の890円で発売する。

ツールバックは、ジッパー式の大きな開口部が特徴の小タイプは、ポケット11個、ホルダー10個付きで小物の収納に優れ、出し入れしやすく移動時にも中のものが飛び出さない設計となっている。ちょっとした出張修理に適したサイズ。また、折りたたみタイプは、長い工具や高さのあるスプレー缶などの持ち運びに最適なオカモチタイプで、スチールハンドルとショルダーベルト付きで大量の工具の持ち運びにも便利。底面・側面に可動式の補強板を採用し、バックの強度化とスムーズな折りたたみ機能の両立を目指した。小タイプは490円。折りたたみタイプは1480円となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集