富士通テン、リアカメラオーディオ開発…トラック4社で採用

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
富士通テンは、トラック用として国内で初めてリアカメラとディスプレイ・オーディオ一体型AV製品をセットにした商品「リアカメラオーディオ」を開発、7月6日よりトラック4社の国内ディーラーで取り付けるオプション品として採用、順次発売されている。

今回、日野自動車、いすゞ自動車、三菱ふそうトラック・バス、日産ディーゼルに採用されたリアカメラオーディオは、車両の後方を確認するリアカメラと、4.3型液晶ディスプレイ、AM/FMラジオ、CDプレーヤー、アンプをセットにした商品。

従来トラック向けでは、リアカメラとディスプレイ、オーディオがそれぞれ別々に設定されていたが、すべてをセットにすることで安全性と快適性の向上に同時に寄与する。

さらに、「お手軽操作」「お手頃価格」で、車両購入者にも提案しやすい商品で、同社の乗用車向けディーラーオプション品での販売、サービス体制も評価され、採用されたとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 派遣切り報道に感じた違和感 画像 派遣切り報道に感じた違和感
  • 日産ディーゼル、コンドル1t車が補助金やエコカー減税対象に 画像 日産ディーゼル、コンドル1t車が補助金やエコカー減税対象に
  • 日野、トラック・バスの累計生産300万台を達成 画像 日野、トラック・バスの累計生産300万台を達成
  • 三菱ふそうトラック・バス、ハイブリッド開発拠点が創立1周年 画像 三菱ふそうトラック・バス、ハイブリッド開発拠点が創立1周年

特集