ゲームボーイアドバンス で操作・表示する『燃費博士』

エコカー 燃費

ゲームボーイアドバンス で操作・表示する『燃費博士』
  • ゲームボーイアドバンス で操作・表示する『燃費博士』
  • ゲームボーイアドバンス で操作・表示する『燃費博士』
  • ゲームボーイアドバンス で操作・表示する『燃費博士』
  • ゲームボーイアドバンス で操作・表示する『燃費博士』
コンピュータ・システム開発のイシダR&D(さいたま市)は25日、自動車の後付け燃費計『燃費博士』を発売した。故障診断コネクタに装着、情報の表示には、任天堂『ゲームボーイアドバンス』を用いる。

イシダR&Dは、アクセルの踏み方で燃費が変化する様子をドライバーが理解すれば、無駄に排出していたCO2が削減できると考え、低価格な後付け燃費計を開発した。燃費博士には、画面の中にキャラクター(燃費博士)が登場し、ドライバーの運転をアドバイスしたりエコドライブの技術を採点したりする機能を設けた。

表示部と操作部に、任天堂ゲームボーイアドバンスを採用することで、大画面フルカラーの見易さと低価格を実現した。ゲームボーイアドバンスはユーザーが別途用意する。取り付けは、本体を自動車の「故障診断コネクタ」に差し込むだけで配線は必要ない。

燃費表示(瞬間燃費、1分間燃費、今回燃費、平均燃費などを数字やグラフで表示)、情報表示(スピード、エンジン回転数、水温、燃料消費などを数字やグラフで表示)、燃費博士が運転を採点、運転データ(最大50時間)を記録、言語・燃費の単位(km/L、mpg、CO2 g/km)などを選べる、輸入車にも対応、といった機能がある。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集