スマート フォーツー 2010年モデル…世界トップのCO2低排出

自動車 ニューモデル 新型車
スマート フォーツー 2010年モデル…世界トップのCO2低排出
  • スマート フォーツー 2010年モデル…世界トップのCO2低排出
  • スマート フォーツー 2010年モデル…世界トップのCO2低排出
  • スマート フォーツー 2010年モデル…世界トップのCO2低排出
  • スマート フォーツー 2010年モデル…世界トップのCO2低排出
  • スマート フォーツー 2010年モデル…世界トップのCO2低排出
  • スマート フォーツー 2010年モデル…世界トップのCO2低排出
  • スマート フォーツー 2010年モデル…世界トップのCO2低排出
ダイムラーは23日、欧州でスマート『フォーツー』の2010年モデルを発表した。ディーゼルの「cdi」グレードが出力を向上させながら、欧州複合モード燃費29.4km/リットル、CO2排出量88g/kmを維持。量産エンジン車の中では、最高のCO2性能を誇る。

cdiのエンジンは、799cc直3ディーゼル。2010年モデルでは、ピストンの変更や燃料噴射の最適化などの改良を施した。その結果、最大出力は45psから54psへ、最大トルクは11.2kgmから13.3kgmへ、それぞれ21%と18%の性能向上を達成した。

さらに、5速MTは3/4速ギアを10 - 11%ハイギアード化。従来よりもエンジン回転数が低く抑えられ、燃費や静粛性アップに貢献する。これらの改良の結果、cdiグレードは、欧州複合モード燃費29.4km/リットル、CO2排出量88g/kmをキープした。

このCO2排出量は、現時点で量産エンジン車として世界トップ。「CO2チャンピオン」の座に君臨し続ける。もちろん、排出ガス性能は、従来どおりユーロ5に適合している。

ちなみに、フォルクスワーゲンは3月のジュネーブモーターショーで、新型『ポロ』の「ブルーモーションコンセプト」を発表。欧州複合モード燃費30.3km/リットル、CO2排出量87g/kmを実現しており、市販化が注目される。

このほか、フォーツーの2010年モデルは、1リットル直3ガソリン車を含めた全車が、ユーロ5基準をクリア。また、内装はシャイニーパールブラックを新設定するなどグレードアップ。オプションで新型アームレストやBluetooth対応オーディオなどを用意した。

2010年モデルは、ドイツで受注がスタート。価格はガソリン車が据え置き、ディーゼルのcdiは1万1790ユーロ(約160万円)からとなっている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【ジュネーブモーターショー09】VW ポロ 新型…環境性能世界一の5シーター 画像 【ジュネーブモーターショー09】VW ポロ 新型…環境性能世界一の5シーター
  • BMW、2.7%特別低金利キャンペーン…CO2を27%削減記念 画像 BMW、2.7%特別低金利キャンペーン…CO2を27%削減記念
  • ホンダ「エコグランプリ」が モバイルプロジェクト・アワード 部門優秀賞を受賞 画像 ホンダ「エコグランプリ」が モバイルプロジェクト・アワード 部門優秀賞を受賞
  • メルセデスベンツ SLS AMG…EV仕様も開発中 画像 メルセデスベンツ SLS AMG…EV仕様も開発中

特集