月面着陸40周年…アポロ宇宙船のプラモデルが40年ぶりに復刻

自動車 ニューモデル 新型車

月面着陸40周年…アポロ宇宙船のプラモデルが40年ぶりに復刻
  • 月面着陸40周年…アポロ宇宙船のプラモデルが40年ぶりに復刻
  • 月面着陸40周年…アポロ宇宙船のプラモデルが40年ぶりに復刻
  • 月面着陸40周年…アポロ宇宙船のプラモデルが40年ぶりに復刻
月面着陸40周年を記念して、その偉業を模型で振り返る。タミヤは、1969年に発売した「アポロ宇宙船」のプラスチックモデルを約40年ぶりに再生産、18日に発売した。

1969年7月、初めて人類を月面に送り込んだアポロ宇宙船。同年10月にタミヤは70分の1スケールのプラスチックモデル組立キットを発売した。そのキットが月面着陸40周年を記念し、初販以来約40年ぶりに復刻される。

キット内容は司令船、動力船、月着陸船、「サターン5」型ロケット先端部、月面とロケット用の2種類の展示ベースによって構成される。

円錐形の司令船は動力船との切り離しが可能。動力船の側面パーツは開閉可能で、各種燃料タンクを搭載した内部構造を観察できる。月着陸船は上昇部と下降部の切り離しができ、司令船とのドッキングも可能。脚部は折り畳んだ飛行状態と展開した着陸状態を再現できる。

ガラス部分を再現するための透明プラバン、着陸船に装着されたサーマルブランケット用の金色塗装済みアルミ箔がセットされ、質感を表現。サターン5号ロケット先端部カバーは通常のホワイトパーツに加えて透明パーツもセットされ、収納時の状態を見ることがでる。

パッケージデザインはもちろん、宇宙船の内部構造や月面着陸の過程を解説した組み立て説明図も当時の物と同様。

70分の1スケール アポロ宇宙船
●価格:4830円
●ディスプレイ専用モデル
初販時のモーター可動ギミック(プロペラ)は付属しない
船外活動時の宇宙飛行士のフィギュア2体付き
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集