【プジョー 308CC 日本発表】エレガントさを増したスタイル

自動車 ニューモデル 新型車
【プジョー 308CC 日本発表】エレガントさを増したスタイル
  • 【プジョー 308CC 日本発表】エレガントさを増したスタイル
  • 【プジョー 308CC 日本発表】エレガントさを増したスタイル
  • 【プジョー 308CC 日本発表】エレガントさを増したスタイル
  • 【プジョー 308CC 日本発表】エレガントさを増したスタイル
  • 【プジョー 308CC 日本発表】エレガントさを増したスタイル
  • 【プジョー 308CC 日本発表】エレガントさを増したスタイル
  • 【プジョー 308CC 日本発表】エレガントさを増したスタイル
  • 【プジョー 308CC 日本発表】エレガントさを増したスタイル
プジョー『307CC』の後継となる『308CC』が1日から発売された。最大の見どころはエレガントさを増したスタイリングだ。

フロントマスクからボンネットにかけてはハッチバックの「GTi」と共通のスタイリングが採用されているが、フロントウィンドウは傾斜角度が強くなり、ボディサイドのウエストラインも後方に行くにつれてせり上がっているので、ハッチバックに比べてシャープなフォルムを手に入れている。

リヤビューもディフューザー形状のバンパーを採用し、トランクリッド中央部分を窪ませることで、ハードトップオープンカーにありがちなリヤの厚みを上手く払拭。クローズにキャビンを形成するハードトップ部分も307CCよりも丸みを帯びたデザインになっているので、クローズ時も美しいスタイリングを堪能することができる。

プジョージャポンの吉田訓啓さんは「308CCの前身となる307CCのお客様の購入動機の中にはスタイリングを評価していただける方が大変多くいらっしゃいましたので、よりスタイリッシュに進化した308CCも、このスタイリングが強力なセールスポイントになってくれると考えております」とコメント。

実際に308CCのスタイリングは他の4シーターカブリオレよりも巧みにデザインされているように思える。最近のこのタイプのモデルは3分割のルーフを採用することで、クローズ時はよりクーペに近いスタイリングを目指してデザインされているケースが多い。

だが、308CCは2分割のルーフに丸みを帯びたデザインを与えることで、通常のクーペとは雰囲気の異なる308CC独自のエレガントさを醸し出している。確かにこのスタイリングに魅せられて、308CCを指名買いする人も多いに違いない。
《岡島裕二》

編集部おすすめのニュース

  • 【レクサス IS250C 試乗】開発責任者氏はわかっていない…金子浩久 画像 【レクサス IS250C 試乗】開発責任者氏はわかっていない…金子浩久
  • 【プジョー 308CC 試乗】次元が違う贅沢…金子浩久 画像 【プジョー 308CC 試乗】次元が違う贅沢…金子浩久
  • プジョー 308CC…英国で順調な滑り出し 画像 プジョー 308CC…英国で順調な滑り出し
  • 【プジョー 308CC 日本発表】ワイドになった 4人乗り クーペカブリオレ 画像 【プジョー 308CC 日本発表】ワイドになった 4人乗り クーペカブリオレ
  • プジョー 308CC、ボンドとタイアップ 画像 プジョー 308CC、ボンドとタイアップ

特集