ランボルギーニのクールなトラクター

自動車 ニューモデル 新型車
ランボルギーニのクールなトラクター
  • ランボルギーニのクールなトラクター
  • ランボルギーニのクールなトラクター
  • ランボルギーニのクールなトラクター
  • ランボルギーニのクールなトラクター
カナダ・オンタリオ在住の若手デザイナー、Jason Battersby氏は、『ランボルギーニTORO』を発表した。ランボルギーニの原点であるトラクターを、現代風にアレンジした作品だ。

ランボルギーニ社は1962年、イタリアのサンターガタ・ボロニェーゼに設立。トラクターなどの農業機械の製造・販売で成功を収めたフェルッチオ・ランボルギーニ氏が、フェラーリに対抗するために始めた自動車会社である。

Jason Battersby氏はスウェーデンのデザイン学校を卒業後、カナダのオンタリオでデザインスタジオを開設。自動車を中心に意欲的な作品を発表している。

今回のランボルギーニTOROは、「世界で最もクールなトラクター」がテーマ。1950-60年代のランボルギーニ社のトラクターは、他社にはない高性能が人気の理由だった。TOROも高いパフォーマンスを予感させるスタイリングに仕上げられている。

ボディカラーは、ランボルギーニのイメージカラーのオレンジ。トラクターの運転席は通常、オープンスタイルだが、このTOROでは黒いガラスキャノピーで覆った。フロントには『レヴェントン』を思わせるアグレッシブなグリルが配される。

前後タイヤは大胆なまでの異径サイズで、スポーティな前傾フォルムを実現。ヘッドライトはルーフの頂点部分にレイアウトした。トラクターというよりも、バギーと表現するのが適切かもしれない。

こんなトラクターが農地を耕していたら、インパクトは絶大。もちろん市販の計画はないが、ランボルギーニのスポーツイメージが存分に発揮された作品として、注目したい。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース