三菱ケミカル、通期業績見通しを下方修正…最終赤字が拡大

自動車 ビジネス 企業動向
三菱ケミカルホールディングスは20日、2009年3月期の通期連結業績見通しの下方修正を発表した。

売上高は2兆9700億円を予想していたが、2兆9090億円となった模様。
 
営業利益は大幅な販売数量の減少、棚卸資産の低価法による評価損の拡大による業績悪化を織り込んだ結果、220億円から80億円に下方修正した。経常損益は60億円の黒字を予想していたが、20億円の赤字となる見込み。
 
最終赤字は減損損失の計上、投資有価証券評価損の悪化などで580億円を予想していたが680億円に赤字額が拡大する見込み。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース