三菱樹脂、次世代太陽電池パネル向け ハイガスバリアフィルム 世界販売へ

自動車 ニューモデル 新型車
三菱樹脂、次世代太陽電池パネル向け ハイガスバリアフィルム 世界販売へ
  • 三菱樹脂、次世代太陽電池パネル向け ハイガスバリアフィルム 世界販売へ
  • 三菱樹脂、次世代太陽電池パネル向け ハイガスバリアフィルム 世界販売へ
三菱樹脂は7日、次世代太陽電池や有機ELディスプレイ、電子ペーパーなどのフロントパネル向け素材として、高性能なガスバリア性に加えて、反射防止性、UVカット、視野角特性などの機能を持つハイガスバリアフィルム『VIEW-BARRIER』を4月15日から発売すると発表した。

新製品は、既にサンプル提供している国内外メーカーの評価の結果、その性能が実証されたことから、世界最高水準の水蒸気バリア性を持つ透明蒸着ハイガスバリアフィルム「X-BARRIER」シリーズとして、本格的な世界市場に向けた事業展開を開始する。

今回新たに事業展開するVIEW-BARRIERは、優れたガスバリア性能に加え、パネル表面部材として求められる反射防止性やUVカット、防眩性、導電性、低収縮性、加工適性など、顧客の求める性能に合わせてカスタマイズ可能な高機能フィルム。次世代太陽電池や有機ELディスプレイ、電子ペーパーなどのエレクトロニクス製品の軽量・薄型化やフレキシブル化を促進し、製造工程の簡素化や革新的なコスト削減への貢献が期待されるとしている。
 
同社では、今回のVIEW-BARRIERを含めX-BARRIER全体で2年後に50億円の販売を目指す。同時に、技術改良を進め、水蒸気バリア性の向上も追求する。

新製品は4月15日-17日に東京ビッグサイトで開催される「第19回ファインテック・ジャパン」に展示する予定。
《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース