ドイツから超軽量スポーツカー…車重454kg!!

自動車 ニューモデル 新型車

ドイツから超軽量スポーツカー…車重454kg!!
  • ドイツから超軽量スポーツカー…車重454kg!!
  • ドイツから超軽量スポーツカー…車重454kg!!
  • ドイツから超軽量スポーツカー…車重454kg!!
  • ドイツから超軽量スポーツカー…車重454kg!!
ドイツのMelkus社は23日、スポーツカー『RS2000』の写真を公開した。アルミ製シャシーとカーボン製ボディの組み合わせにより、わずか454kgという軽さを実現している。

Melkus社はレーシングドライバーのHeinz Melkus氏が1959年にドレスデンに設立。1名乗りのフォーミュラマシンを制作する傍ら、1969年にオリジナルスポーツカー『RS1000』を発表した。

RS1000は旧東ドイツの自動車メーカー、ヴァルトブルク社製の3シリンダー2ストロークエンジンを搭載。エンジンは992ccと1200ccの2種類があり、992ccのレース仕様は最大出力88ps、最高速210km/hを誇った。RS1000は1979年までに、101台が生産されたに過ぎない。

Melkus社は1986年、車両生産を中止。1980年代からはBMWのディーラーで生計を立てる時代が続いたが、オリジナルスポーツカーへの思いは抱き続けていたようだ。2006年、『RS2000』の市販計画を明らかにする。

RS2000には、RS1000で得たスポーツカー開発ノウハウが注ぎ込まれ、アルミ製シャシーにカーボンファイバー製ボディを載せる手法を採用。車重はわずか454kgに仕上げられた。アンダーフロアのフラット化をはじめ、リアのディフューザーなど空力特性には徹底的に配慮。ガルウイングドアは、RS1000へのオマージュと受け取れる。

エンジンに関しては、今夏アナウンスされる予定。オペルやフォルクスワーゲンのターボ(150-200ps)が噂され、トップグレードは最大出力300psクラスになるもよう。仮に300psとすると、パワーウェイトレシオは1.51kg/psという驚異的な数値となる。

RS2000は11月に正式発売され、わずか25台が生産される。究極のライトウェイトスポーツは要注目の存在だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース