タタ ナノ…世界最安 21万円カー 試乗レポート

自動車 ニューモデル 新型車
タタ ナノ…世界最安 21万円カー 試乗レポート
  • タタ ナノ…世界最安 21万円カー 試乗レポート
  • タタ ナノ…世界最安 21万円カー 試乗レポート
  • タタ ナノ…世界最安 21万円カー 試乗レポート
  • タタ ナノ…世界最安 21万円カー 試乗レポート
  • タタ ナノ…世界最安 21万円カー 試乗レポート
インドのタタモータースは23日、新型『ナノ』の価格を11万2735ルピー(約21万7000円)からにすると正式発表。動画共有サイトでは、ナノの試乗レポートが公開されている。

新型ナノは全長3100×全幅1500×全高1600mmの4ドアコンパクト。エンジンは新開発624ccの2気筒ガソリンをリアに搭載、後輪を駆動する。最大出力は35ps/5250rpm、最大トルクは4.9kgm/3000rpm。トランスミッションは4速MTだ。

このエンジンはわずか600kgのボディには十分なスペックで、0-60km/h加速8.3秒、最高速105km/hを実現。環境性能も高く、燃費はインド国内ガソリン車で最高の23.6km/リットル。CO2排出量はインドでは最も少ない101g/kmを達成した。インドの排出ガス基準、BS-IVにも適合している。

グレードは3仕様を設定。最もベーシックな「スタンダード」はボディカラーが3色用意され、シートはモノトーンで後席は折り畳みが可能だ。「CX」はボディカラーの選択肢が5色に増え、エアコン&ヒーター、ツートンシート、リアヘッドレスト&シェルフ、ブースターブレーキを装備。最上級の「LX」はボディ同色バンパー、ファブリックシート、パワーウインドウ&集中ドアロック、フォグランプ、リアスポイラー、カップホルダー、電源ソケットなどが標準装備される。

ナノは生産キャパシティの関係で、最初の10万台は予約抽選による販売方式を採用。7月からインド国内で納車がスタートする。気になる試乗レポートは、動画共有サイトで見ることができる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集