住友電工、ユーディナデバイスを完全子会社化

自動車 ビジネス 企業動向

住友電気工業は、富士通からユーディナデバイスの株式50%を取得し、完全子会社化したと発表した。

ユーディナデバイスは、住友電工と富士通との折半出資会社として2004年4月に発足、光デバイスと電子デバイスの幅広い化合物半導体デバイス製品の開発・製造・販売を一貫して事業展開してきた。しかし、同社が強みとしていたハイエンド製品のコモディティ化などの市場環境の変化が加速し、事業基盤強化の必要性が増していた。

特に光デバイス・光トランシーバ事業を取り巻く環境は、顧客である通信機器メーカーの統合、それを受けて光コンポーネントメーカー同士の合併・買収が加速した結果、価格競争力の強化が求められるとともに、従来以上に迅速かつ的確な新製品の開発と市場投入が重要になっている。

また、光デバイス・光トランシーバ、電子デバイス製品は、海外でのFTTHサービスの拡大、国内における次世代ネットワーク(NGN)やWiMAXの進展などにより、今後、市場の伸長が予想され、グループ全体として効率的な事業運営を加速していく必要がある。

このため、住友電工は統一したガバナンスの下で、積極的にユーディナデバイスに経営資源を投入し、経営基盤の強化を図る必要があると判断した。完全子会社化して経営資源を一体運営することで、新製品の開発・市場投入の加速化、品質・コスト競争力、販売力の強化などのシナジー効果を発揮し、グループの光デバイス・光トランシーバ、電子デバイス事業の事業基盤を強化する方針だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集