【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】フィアット 500C

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】フィアット 500C
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】フィアット 500C
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】フィアット 500C
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】フィアット 500C
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】フィアット 500C
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】フィアット 500C
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】フィアット 500C
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】フィアット 500C
  • 【ジュネーブモーターショー09ライブラリー】フィアット 500C
フィアットはジュネーブモーターショーに、『500C』を発表した。1957年デビューの2代目『500』(チンクエチェント)をイメージさせるキャンバストップを採用。欧州では今夏から販売がスタートする。

500Cの最大の特徴はキャンバストップにある。あえてフルオープン方式とせず、天井だけが開くキャンバストップを選択した。これはフィアットが、1957年登場の2代目500に敬意を払っているからに他ならない。アニメ映画『ルパン三世』にも、2代目500のキャンバストップ仕様が起用されているように、500のオープンといえば、キャンバストップを意味するのである。

もちろん、キャンバストップのメリットも見逃せない。まずは、ベース車と比較して、ボディ剛性がほとんど低下しない点。また、万一の横転時には、強固なピラーがロールオーバーバーの役割を果たす。トランク容量も犠牲にしていない。そして、トップを開けた時のクラシカルなリアビューこそ、最大のメリットといえるかもしれない。
《北島友和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集