日本精工、BRICs市場向けハブユニット軸受を開発…未舗装路や過大荷重に対応

自動車 ニューモデル 新型車

日本精工、BRICs市場向けハブユニット軸受を開発…未舗装路や過大荷重に対応
  • 日本精工、BRICs市場向けハブユニット軸受を開発…未舗装路や過大荷重に対応
  • 日本精工、BRICs市場向けハブユニット軸受を開発…未舗装路や過大荷重に対応
日本精工は、水浸入や過大荷重(過積載、衝撃)など、過酷な苛酷な市場・道路環境に対応したBRICs市場向けハブユニット軸受を開発した。

現地鋼材の採用することで、高品質でありながらリーズナブルな価格を実現したとしている。製品は、2013年に売上30億円を目指す。

BRICs市場の拡大を受けて、各自動車メーカーでは、これらの市場向けに多くの車を開発している。BRICs市場は道路が未舗装路が多いためにハブユニット軸受は泥水に曝されやすく、雨季の冠水した道路では車の軸受搭載部が水没することも多い。また、BRICs地域の車の利用形態も軸受にとっては過酷で、過積載(多人数乗車、大量積載)による過大荷重や道路の凸凹による衝撃荷重が、ハブユニット軸受にとっては負担となる。

今回開発したハブユニット軸受は、通常の仕様より大きく十分なサイズの軸受を選定することで、過大荷重に対する耐久性を向上した。高密封シールの適用により耐水性も向上、厳しい泥水環境での耐久性を向上した。

また、現地鋼材を使いこなすための成形方法(鍛造方法)により、苛酷環境での耐久性とリーズナブルな価格を両立したとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集