日産と横浜市、次世代交通システム計画を実施へ

エコカー 燃費

日産自動車と横浜市は4日、同市が進める「環境モデル都市」実現に向けた5か年共同計画である「ヨコハマ・モビリティ“プロジェクトZERO”」の内容について合意し、確認書を交わしたと発表した。

同市と日産は2008年11月5日に「横浜市にふさわしい次世代交通システム検討を開始」で合意し、これに基づいた具体的な取り組み内容の検討を進めてきた。今回その実行計画について合意したもの。
 
両者は合意に基づいて今後環境に配慮したエコ運転の普及、渋滞改善のためになる経路案内システム実証実験、環境に優しい電気自動車(EV)の普及、これら施策の効果の評価と情報発信の4分野について実施していく。
 
具体的には、横浜市民を対象とする、簡易エコ診断イベント、エコランキング(E-1グランプリ)の実施や動的経路誘導システム(DRGS)普及による渋滞改善効果、CO2排出削減効果の検証、EVの充電設備の設置やEV普及のための購入補助金の支給、横浜市中心部の交通行動の変化とCO2排出削減効果に関する施策実施効果の算出などを行う。
 
日産は、ITSを活用して交通事故低減や渋滞緩和を目指す「SKYプロジェクト」を横浜市域で2006年から実施している。このプロジェクトでは、日常の使用過程で渋滞緩和によるエネルギー利用の効率化やCO2排出量削減の可能性をクルマの日常使用の中で検証してきており、ヨコハマ・モビリティ“プロジェクトZERO”にもその結果を反映させる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集