江戸のハイテク、和時計の企画展 3月10日から

自動車 社会 行政

トヨタグループで運営する産業技術記念館(名古屋市西区)は、3月10日から5月17日まで、トヨタコレクション企画展「江戸のハイテク - ようこそ! 和時計ワールド -」を開催する。

江戸時代の日本では、生活習慣に合わせ季節によって単位時間の長さを変えられる世界で唯一の「不定時法」を刻む和時計が考案されたという。企画展では、その巧妙なメカニズムや当時の優れたものづくりの技術をトヨタコレクションの中から展示する。

同時に他分野の工芸・測量・生活道具など合計約60点の所蔵品を展示する。
《編集部》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品