【トヨタ カローラアクシオ“GT”登場】プロジェクトは4本柱

自動車 ニューモデル 新型車
【トヨタ カローラアクシオ“GT”登場】プロジェクトは4本柱
  • 【トヨタ カローラアクシオ“GT”登場】プロジェクトは4本柱
  • 【トヨタ カローラアクシオ“GT”登場】プロジェクトは4本柱
  • 【トヨタ カローラアクシオ“GT”登場】プロジェクトは4本柱
  • 【トヨタ カローラアクシオ“GT”登場】プロジェクトは4本柱
  • 【トヨタ カローラアクシオ“GT”登場】プロジェクトは4本柱
  • 【トヨタ カローラアクシオ“GT”登場】プロジェクトは4本柱
  • 【トヨタ カローラアクシオ“GT”登場】プロジェクトは4本柱
  • 【トヨタ カローラアクシオ“GT”登場】プロジェクトは4本柱
TRDトヨタテクノクラフトが発売した『カローラアクシオ“GT”』は、かつて人気のあった排気量1.5リットルクラスのライトウェイトスポーツの復活だ。「復活」プロジェクトは4つの柱で構成されるという。

ひとつは、コンプリートカー、カローラアクシオ“GT”の発売。次に、既存の「アクシオ」や「フィールダー」向けのエアロパーツやアルミホイールなど「“GT”TRDパッケージ」の発売。そして、スポーツモデルが見せかけだけでない証拠としてワンメークレースの開催(7月開幕予定)。最後はSUPER GTのGT300クラスへの参戦の4つだ。

TRDパッケージは、昨年の10月28日に発売が開始されているもので、17インチアルミホイールとエアログリルで20万8950円(メーカー希望小売価格、税込)とリーズナブルな設定だ。ワンメークレースの開催やSUPER GT参戦は、暗くなりがちな業界の中で明るい話題として評価できる。商品を投入するだけで、ユーザーや市場に対して投資や還元を行わなければ、スパイラルはますますネガティブな方向にいってしまう。

トヨタテクノクラフトでは、このアクシオ“GT”を4月までに300台は売りたいとしている。2月から受注を開始したばかりだが、すでにほぼ半数はクリアできる見込みだそうだ。まずは300台という目標をクリアして、このプロジェクトをさらに拡大していきたいとのことだ。トヨタファンならずとも、応援したくなる。
《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタ カローラアクシオ“GT”登場】テンゴターボで走り復活なるか 画像 【トヨタ カローラアクシオ“GT”登場】テンゴターボで走り復活なるか
  • トヨタテクノクラフトTRD、カローラアクシオGT を09年2月発売 画像 トヨタテクノクラフトTRD、カローラアクシオGT を09年2月発売
  • ホンダ シビック タイプR、日本導入はこの秋に 画像 ホンダ シビック タイプR、日本導入はこの秋に

特集