【ルマン09】アウディ R15 TDI…頂点、再び

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【ルマン09】アウディ R15 TDI…頂点、再び
  • 【ルマン09】アウディ R15 TDI…頂点、再び
アウディは10日、新型『R15TDI』を発表した。6月13-14日にフランスで開催されるルマン24時間レースの最高峰、LMP1クラスに参戦するマシンだ。

アウディは1999年、3.6リットルV8ツインターボ(625ps)を積む『R8』でルマンに参戦。2000-2005年の6年間に、5度の栄冠に輝いた。2006年からはターボディーゼルの「TDI」を搭載する『R10TDI』にマシンを変更。5.5リットルV12ターボディーゼルは最大出力700psというパワフルさで、2006-2008年、3年連続のタイトルを獲得している。

R15TDIは、R10TDIの後継マシンとして開発。マシンのスペックは公開されていないが、R10のV10よりもさらに小型軽量で効率を高めたターボディーゼルを搭載。マシンのデザインも一新されており、F1マシンのようなフロントノーズや新デザインのリップスポイラーなどを装備し、空力性能を引き上げた。また、コクピットは引き続きオープンスタイルで、プジョー『908HDi』のようなクローズドルーフは採用していない。

R15TDIは、3月21日に米国フロリダ州で行われるALMS(アメリカンルマンシリーズ)開幕戦、「セブリング12時間」でデビューを飾る。同レースには「アウディスポーツチームヨースト」から2台のR15TDIが出走。アウディモータースポーツの代表、Wolfgang Ullrich氏は「我々のテストでは、R15TDIは期待通りの性能を発揮。しかし、セブリングはハードなレースだけに、実戦までに万全の状態に仕上げておく必要がある」と身を引き締めている。

アウディにとってセブリングは、その先のルマンを視野に入れた前哨戦の意味合いを持つ。2008年のセブリングはR10TDIが勝利しているだけに、新型マシンの仕上がりに期待が高まる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集