三菱商事、ブラジル国営石油会社と共同出資事業で合意

自動車 ビジネス 企業動向
三菱商事は、ブラジル国営石油会社であるペトロブラスBRASILEIRO社と共同出資事業を実施することで合意した。
 
両社は過去10年以上にわたって石油・ガス生産設備関連での協業を行ってきたが共同事業は初めて。
 
事業では両社が折半出資して合弁会社を設立し、水深3000m級ドリルシップ(深海鉱区掘削船)を保有する。総事業費は約8億3000万米ドルで、ドリルシップの竣工は2010年6月の予定。
 
合弁事業会社から同ドリルシップを傭船するブラジル・シャヒングループが、総合掘削サービスをペトロブラス社に提供し、ペトロブラス社が保有する国内外の深海石油・ガス埋蔵鉱区の掘削を進める。
 
三菱商事は、今回のペトロブラス社との共同事業を通じて関係強化を図り、石油・ガス生産増産計画への協業・貢献を推進する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • セルロース系バイオエタノールの製造技術開発へ組合発足…新日石、トヨタなど6社 画像 セルロース系バイオエタノールの製造技術開発へ組合発足…新日石、トヨタなど6社
  • JOGMEC、海外の鉄鉱石探鉱開発に金融支援 画像 JOGMEC、海外の鉄鉱石探鉱開発に金融支援
  • 三菱重工、ベトナムの石油化学会社にCO2回収技術を供与 画像 三菱重工、ベトナムの石油化学会社にCO2回収技術を供与
  • 昭和シェル12月期決算…最終赤字162億円 画像 昭和シェル12月期決算…最終赤字162億円

特集

おすすめのニュース