富士火災、10-12月期の有価証券評価損が約800億円

自動車 ビジネス 企業動向
富士火災海上保険は、2008年10 - 12月期の有価証券評価損が連結ベースで799億4600万円になったと発表した。

保有する有価証券のうち、時価が大幅に下落して回復が見込めないものは、減損処理による有価証券評価損を計上する必要がある。同社は10 - 12月期で約800億円の評価損となっている。同社の前期の連結当期純利益は73億円。
 
通期業績見通しは現在集計中で明らかになり次第公表するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース