横浜ゴム、ロシアにタイヤ工場建設へ

自動車 ビジネス 企業動向
横浜ゴムは、ロシアでタイヤ生産を行うため、12月にリペツク特別経済区(SEZ)に対し入居申請を行い、このほど認可を受けた、と発表した。2009年年初に正式な入居契約を結ぶ。

入居申請した土地は約20ヘクタール。建設を予定している新タイヤ工場の年間生産能力は140万本で、操業開始は2011年の予定。工場建設のための設備投資金額はおよそ35億ルーブル(約110億円)を計画している。

横浜ゴムは、2005年4月にモスクワにタイヤ販売会社「YOKOHAMA RUSSIA L.L.C.」を設立。以来、高性能乗用車用タイヤを中心に販売量の増加を図ると共に、販売網の整備・拡大を進めてきた。
《宮崎壮人》

編集部おすすめのニュース

  • 東レ、量産車向け炭素繊維複合材料部品を開発へ 画像 東レ、量産車向け炭素繊維複合材料部品を開発へ
  • フォスター電機、メキシコ工場を閉鎖 画像 フォスター電機、メキシコ工場を閉鎖
  • ニフコ、韓国子会社の増資を引き受け 画像 ニフコ、韓国子会社の増資を引き受け
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース